2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

日本ブログ村に参加中です。 ポチって応援して下さい。

カテゴリー

楽天市場

  • 楽天市場
無料ブログはココログ

カテゴリー「Ergopower」の記事

エルゴパワーの分解整備

2020年7月 4日 (土)

Ergopower VELOCE EP7-VLXC 組立てたんだが

CHORUS エルゴの方も完了したので、前回ばらしたVELOCEの方を組み立てます。

Dsc_9601 Dsc_9597

右レバーから。

パワーシフトなのでウルトラシフト程の部品数ではありません。

折れていたスプリングEC-RE137も新品に。

Dsc_9605 Dsc_9606

シフトレバーはCHORUSからの流用です。でも元々ここは共通部品CE-CH428/429です。

Dsc_9610 Dsc_9614

グリスを塗ってボディに差し込んだらスプリングの取付。

Dsc_9618 Dsc_9621

スプリングをボディに引っ掛けたら完了。インデックスのギアをレバーの位置に合わせておきます。

Dsc_9624 Dsc_9626

ハンドル側のインデックスギアの取付。スペーサをボディ側に付けておきます。

Dsc_9631 Dsc_9634

ギア付きの糸巻きを挿入したら、ゼンマイスプリングを取り付けます。

Dsc_9639 Dsc_9641

ゼンマイの外側をボディに差し込んで、真ん中の出っ張り部分をラジオペンチで挟んでからグイ~~~っと360°程巻き上げてから、糸巻きの溝に引っ掛けてやります。

Dsc_9643

蓋をして動作確認・・・・シフトダウンの巻上げはきちんとできて、固定も問題ないのだけれど、戻す時は1ノッチでロー→トップに一気に行ってしまいます。

Dsc_9646

親指レバーの爪がこの糸巻きのギアと噛み合って1段ずつシフトアップできるはずなのですが、これがうまくかみ合っていないようです。

ギア先端に若干の摩耗は見られますが、これ位で??と言った感じです。

親指レバーの爪が破損しているのか、組み立ての不手際か・・・よく分かりません。

Dsc_9648 Dsc_9650

気を取り直して左レバーへ。先端のラチェットは非QSのラチェットで組付けます。

Dsc_9654

シフトレバーの組付けは右と同じです。

Dsc_9657 Dsc_9660

ボディ側のインデックスギアはATHENA 11速と同じく上下でギアの切り方が違います。

今回も多段の方を使うようセットします。

Dsc_9662 Dsc_9664

黒い糸巻きを入れてから、ゼンマイをボディ側にセット。

Dsc_9666 Dsc_9668

右と同様にゼンマイを360°程巻いて糸巻きの溝にセットしたら、蓋を付けて組み立て完了。

動作確認は・・・OK、問題なし。

 と言うことは、右の組立自体も問題ないと思います。

左右比べてみると、右の方は左より糸巻きのギアまでの半径が少し小さいように思えます。

他のモデルのが入っているのかとスペアパーツリストを漁るものの、当該の部品は全部共通のようです。

しかも単体での販売はすでにない模様。 \(^o^)/オワタ

 

他から部品を取ってきて・・・と言うのもありですが、すでに自転車の台数以上のエルゴがあるので、これは素直に部品取りとして、どなたかに有効活用していただきましょう。

 

と言うことで、ジャンク品として絶賛発売中です。

有効活用できそうな方、いかがでしょうか?

【完売しました。落札ありがとうございました。】

        ↓にほんブログ村に参加中です。よろしかったらポチッって応援して下さい。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


自転車ランキング

 

 

 

2020年6月28日 (日)

BROOKSバーテープ、HUDZフード

CHORUS エルゴのアルミレバー化も無事終わったので組付けます。

Dsc_9588 Dsc_9592

バーテープも巻き直しですが、せっかくなのでBROOKSの革で。(中古)

サドルと同じハニーですが、表面がきれいなせいか、サドルより鮮やかな色調です。

レバー横に張り付ける端切れが付いていなかったので、色々調整して巻いてあります。

例によって水にぬらして天日干しして革を締めてやります。

後はBROOKSオイルをくれておきます。

Dsc_9673 Dsc_9674

と、そうこうしているうちにHUDZのレバーフードが届きました。

中々なかったアメ色(Bordeaux Glod)です。オーストラリアから引っ張ったので高くついてしまいました。

フードの中のポッチは純正と少し違って、ブラケット前方下部のポッチがありません。

Dsc_9686 Dsc_9688

形状は、ブラケット上側が少し平らなようです。表面はつるつる。

Dsc_9690

外側のマークも違います。

Dsc_9678 Dsc_9680

純正のEC-RE600の取り外しは、ここまで手でめくって、タイヤレバーを挿入してグイッと取り外し。

Dsc_9682 Dsc_9684

HUDZフードの取付は、フードの上を内側から押しながら、ブラケットの丸頭を超えるよう押し込んでやると簡単にはまります。

それから内側のポッチのをブラケットにはめ込めば完了。

Dsc_9698 Dsc_9701

・・・なのですが、よく見るとバーテープとの隙間ができてしまっています。

EC-RE600より丈がすこし短いのかな? テープを巻き直して修正しました。

Dsc_9694 Dsc_9695

全体的にはこんな雰囲気で。

フードの上面が少し平らになっていたり、表面がエンボスにはなっていないので、EC-RE600とはちょっと違った握り心地ですがこれは使い込んでみないと何とも言えません。

HUDZフード 限定1個 絶賛発売中です。送料がかかった分高いですが、輸入原価で・・・・。よろしかったらいかがでしょう?

【完売しました。落札ありがとうございました。】

 

これでハンドル周りは大体光りましたが、目の前にあるCATEYE アウトフロントブラケット2が黒いままです。

Dsc_9710 Dsc_9713

例によってブラックアルマイトを剥離しました。下地は思ったより加工跡が残っていました・・・。

CATEYEのロゴはエンボスの所をペイントなのかな?きれいに黒く残ったままです。

ピカピカレインでコーティング。

黒い樹脂部品はどうしようもありません。

Dsc_9716

とりあえず収まるところへ収まりました。

          ↓にほんブログ村に参加中です。よろしかったらポチッって応援して下さい。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


自転車ランキング

 

 

2020年6月21日 (日)

Ergopower QS化 アルミレバー化 ‐ 考察

 今回CHORUS エルゴを分解したおかげで、ようやくちゃんとしたモデルナンバーが分かりました。

Ep7chxc

 最初はEP7-CHXCかと思っていたのですが、QS仕様ではないので違いますね。

Ep6chxc Ep4chxc

じゃあ、非QSのEP6-CHXCかな?と思っていたら、ほとんど同じモデルがEP4-CHXCにあったりします。

この双方の違いは、と比べてみると、一番最初に外すハンドル側のネジ位に違いしかありません。

EP6-CHXCはEC-RE407、EP4-CHXCはEC-RE307。

Ecre407_2158_detail Ecre307_825_detail

EC-RE407はトルクス、EC-RE307はアーレンキー仕様です。(画像借用しました)

と言うことで、手元にあるCHORUSはアーレンキー仕様でしたので、EP4-CHXCと言うことで良さそうです。

これは第2世代エルゴのCHORUSの最初のカーボンブレードのモデルになります。

Ep3chxc_20200614162201 Ep7vlxc_20200614162201

その1つ前のCHORUS EP3-CH10CGはアルミレバーモデルです。アルミレバーのCHORUSで見かけたのはこの辺りのようです。

e-Bayとかで、法外な値段で出ていました。・・・とても手が出ません。手元のCHORUSとは、右レバー本体の捺印が違います。

アルミレバーのCHORUS 10sはEP00-CH10とEP03-CH10CGと言うことで4年間ほどのみ。玉数が少ないんでしょう・・・。

入手したVELOCEの方は、シフトレバーがアルミで肉抜きになっているので、EP7-VLXCで良さそうです。

末尾のXCはカーボンブレードモデルだったような記憶がありますが・・・。

この時のシフトレバーはEC-CH328/EC-CH329です。 CHで始まるCHORUSの部品番号ですが、EP03-CH10CGに使用されているシフトレバーと同一のものです。     

ブレーキレバーブレード自体はモデル名が捺印されているので当然違うとして、厳密な検証はできませんが同世代モデルとして、寸法的に同じものだったということでいいでしょう。

そうすると、ブレーキ/シフトレバー自体の互換性があったのもうなずけますね。

いや、奥が深いと言うか、色々組み合わせや可能性を考えると面白いですね。

EP4が11速に対応できれば、さらに・・・ですが、それは無理みたいです。

          ↓にほんブログ村に参加中です。よろしかったらポチッって応援して下さい。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


自転車ランキング

 

 

 

 

2020年6月20日 (土)

Ergopower QS化 アルミレバー化 ‐ EP4-CHXC オーバーホール その2 組立編

Dsc_9476

CHORUS Ergopowerを、VELOCEから取り外したアルミレバーで組み立てます。

Dsc_9478 Dsc_9480

右レバーから。ウルトラシフトなので、相変わらず部品数が多いです。

Dsc_9483 Dsc_9485

シフトレバーの組み立て。スペーサはアルミシャフトとレバーの間に入れます。

Dsc_9487 Dsc_9489

ベアリングにグリスを塗ってボディーへセット。間に2㎜厚位のスペーサを入れておきます。

Dsc_9491 

レバーをボディーに挿入。

Dsc_9493 Dsc_9496

レバー側にスプリングを嵌めて、先端側はラジオペンチで摘まんで、所定の位置に持っていきます。

Dsc_9497 Dsc_9499

交換用のEC-RE111です。バルク品が届くと思っていたら、ちゃんとしたカンパの箱入りでした。

ついでにEC-RE057の薄いリングもついてきました。

Dsc_9501 Dsc_9503

ラチェット用スプリングをセット。EC-RE057は外側の切り欠きをEC-RE111のツノの所に、切り欠きの反対側にポッチがあるので、これをEC-RE111に向けて組付けます。

Dsc_9506 Dsc_9508

ラチェットギアには1㎜厚のスペーサを組み合わせて取り付け。

Dsc_9510 Dsc_9513

続いて親指レバーの組付け・・・・最大の山場でした。

Dsc_9515_li  Dsc_9533

左下にスプリングの先端が見えますが、これは左上のボディーの穴に入っている必要があります。

そうするとスプリングが変形して、レバーは所定の位置になかなか来ないわ、真ん中の穴をスプリングがふさぐわ・・で、小一時間格闘した結果・・・・。
オレンジ色の線のところに3㎜位のアーレンキーを挟み込んで親指レバーのプレートの浮き上がりを押さえつつ、8㎜のアーレンキーで真ん中の穴のスプリングを避けてレバーの位置を確保。

そのままシャフトをレバー側から5㎜のアーレンキーで押しながら、アルミの部品を薄いワッシャとともにはめ込む・・・とうまく行きました。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

オレンジラインのところのアーレンキーを外すと、びよーんってなっちゃうので、最後に取付けるボルトで先に仮止めしておきます。

やれやれ・・・カンパの組み立て工程ではどうやってんでしょうね?

Dsc_9535 Dsc_9536

ゼンマイスプリングをアルミ部品の狭い方の溝に引っ掛け、反対側はラチェットスプリングホルダから伸びるツノに引っ掛けます。

ゼンマイを押さえつつ、ボルトを一旦抜いて、円板を取り付け・・・円板からポッチが出ているので、それがアルミ部品の幅広の切り欠きに合う位置へはめ込んで、すかさずボルトを締めこみ。

Dsc_9538

ハンドル側のカバーを取り付けて、仮完了。動作確認だけしておきます。

 

引き続き、左レバーです。

Dsc_9540 Dsc_9543

先端のラチェットは左がVELOCEから持ってきたQS仕様EC-RE234、右はCHORUSに付いていた非QSのEC-RE134。

同世代のレコード系の部品です。まあ、大丈夫でしょう。

Dsc_9546 Dsc_9548

EC-RE234のギアを下向きに付けること以外は、右と同じ。

Dsc_9551_20200613182101

スプリングをひっかける位置は右レバーとは反対側です。

Dsc_9553_20200613182101 Dsc_9556_20200613182101

ラチェットスプリングホルダを取り付け。左はツノなしです。

Dsc_9558 Dsc_9560

ラチェットギアを入れてから、右レバーで苦戦した親指レバーの取付。

Dsc_9564_li Dsc_9565

ちなみにスプリングの先端は〇のところの穴に入っている必要があります。

右レバーの知見で、何とか組付け、ボルトで仮止め。

Dsc_9568_li Dsc_9570_li

引き続きゼンマイスプリングの取付。左の写真のようにちょっと日和ったら、この位置ではスプリングがのストロークが足らなくて、シフト時にボディーに引っ掛けてある部分が外れてしまいました。

右写真のように、ガッツリと効かせられる位置でセットする必要があります。

Dsc_9578 Dsc_9583

結構手間取りましたが、本体の組み立ては完了。

ブレーキレバーを組み立てて、シャフトを打ち込んだら、全て組み立て完了です。ヽ(´▽`)/

やれやれ・・・。

Dsc_9376_20200613195201 Dsc_9583

これが、こうなりました。  

これをかっこ悪くなったと取るかどうかは賛否あると思います。重量も若干増えてるし。 (;´▽`A``

個人的にはアルミレバーにCHORUSと黒文字で入れられればと思いますが・・・第2世代エルゴの9速用のアルミレバーがそうだったようですね。

 

          ↓にほんブログ村に参加中です。よろしかったらポチッって応援して下さい。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


自転車ランキング

 

 

2020年6月14日 (日)

Ergopower QS化 アルミレバー化 ‐ EP4-CHXC オーバーホール その1 分解編

Dsc_9371 Dsc_9376

Ergopower CHORUS EP4-CHXCです。

カーボンブレードをレストアして組み込んでいましたが、今の仕様となってはカーボンレバーの黒を何とかしたかったものです。

VELOCEから分捕ったアルミレバー化するついでにQS化もやってしまいましょう。

Dsc_9382Dsc_9379

レバーブレードのシャフトを打ち出して、レバー形状をチェック。(今頃かい!!)

同じ第2世代エルゴのモデルで、レバー形状自体は同じようです。

Ep4chxc_20200614130001

右レバーから始めます。

 Dsc_9385 Dsc_9386

まずはハンドル側のブラケットを外して、ネジを緩めます。

Dsc_9388 Dsc_9390

ボルトはシャフトに直結しているので、レバー側に5㎜のアーレンキーを突っ込んでおいて、ハンドル側のネジを緩め円板も外します。

鉄シャフトのエルゴはレバー側が4㎜アーレンキーでしたが、EP4 CHORUSではアルミシャフトなので、5㎜アーレンキーになっているようです。

ゼンマイスプリングが出てきました。

Dsc_9393 Dsc_9394

右上の金属部分に引っかかっているので、ラジオペンチで摘まんで取り外し。

シャフト側には広/狭の溝が切ってあり、この狭い方にスプリングは引っ掛かっててあります。

Dsc_9397 Dsc_9399

真ん中のアルミシャフト部品が外れるはずなのになかなか外れず、またしても力業で親指レバーとその下のスプリングもろとも外しました。

アルミ部品と親指レバーの間にワッシャが1枚入っています。(左レバーの方参照)

Dsc_9401  Dsc_9405

糸巻き兼ラチェットギアを引き出します。ラチェットギアの下に1㎜程のスペーサが入っています。

Dsc_9407 Dsc_9409

ラチェットスプリングのホルダを引き抜き。

ゲッ、割れてるじゃないですか。特にシフト上の不具合は発生していませんでしたが、もう少ししたらというところだったのでしょうね。

Ep4chxc_20200614130001  Dsc_9411_20200613155601

この部品はEC-RE111ですね。手配しておきましょう。

これを取り外すと、ハンドル側はベアリングだけです。

Dsc_9415 Dsc_9416

レバー側に行って、スプリングをラジオペンチで摘まんで取り外し。

Dsc_9418 Dsc_9420

レバーとシャフト、ベアリングまで出てきました。

ここのワッシャはシャフトとシフトレバーの間です。

鉄シャフト、ベアリングなしのVELOCEでは、レバーとボディーの間にワッシャが入っていましたので、材質や構造によってワッシャの入る位置を変えているようです。

Dsc_9422 Dsc_9426

レバー側のラチェット。ベアリングとベアリングの間には2㎜厚ほどのスペーサが入っています。

Dsc_9429

ハンドル側のベアリングを外すと、ボディーはスッカラカンです。

 

続いて左レバー。基本的には右レバーと同じです。

Dsc_9433 Dsc_9435

左レバーのゼンマイスプリングは金属部分ではなくて、ボディーに直接引っかかっています。

Dsc_9438 Dsc_9439

左レバーではアルミの部品も素直に外れてくれました。ワッシャもしっかりと回収します。

Dsc_9441 Dsc_9443

ラチェットギアとスプリングの取り外し。

Dsc_9445 Dsc_9447

こちらもラチェットギアの下には1㎜のワッシャがあります。

Dsc_9449 Dsc_9451

左レバーのラチェットスプリングホルダ。こちらはツノ無しです。

Dsc_9457 Dsc_9459

レバー側も同様に分解。

Dsc_9461 Dsc_9463

シフター周りの部品展開。右レバーと同じですが、先端のラチェットギアも非QSなので普通に上下にラチェットが切ってあります。

パーツクリーナで洗浄してから組み立てを行います。

          ↓にほんブログ村に参加中です。よろしかったらポチッって応援して下さい。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


自転車ランキング

 

 

2020年6月13日 (土)

Ergopower VELOCE EP7-VLXC ブレーキレバーのロゴ取り

前回取り外したVELOCEのアルミレバーです。

Dsc_9351

 きれいなアルマイト仕様ですが、VELOCEマークのところにはガリ傷が。

このマークはペイントなのでしょうか?

この際除去してしまいましょう・・・ロード本体もロゴ無しみたいなもんですから・・・・。

Dsc_9353 Dsc_9355

Holtsの剥離液を付けてこすってみるも・・・剥がれません。

ペイントではなく、カラーアルマイトみたいです。

Dsc_9357_20200607194601 Dsc_9360

全体のアルマイトをなるべくなら剥がしたくなかったので、ガリ傷の慣らしとアルマイト表面の若干の除去のため、ロゴ部分をフラップホイルでザッと削って・・・・

Dsc_9362 Dsc_9365

水酸化ナトリウム系のパイプウオッシュを付けて、ロゴを消していきます。

あらから、消えたのでバフ掛け・・・・

ダメです。ロゴは消えましたが、その部分はアルマイトがきれいさっぱりなくなって、他の部分と違った表面になってしまいました。


パイプユニッシュ濃密ジェル 1本(800mL)

新品価格
¥406から
(2020/6/13 15:17時点)

アルマイト仕様はあきらめましょう。

いつものパイプウォッシュ(水酸化ナトリウム系)に漬け込んで全体のアルマイトを剥離。


トイレ洗剤 強力 尿石除去剤 NEW スマート マイルドアシッドEL 1L 業務用 エフロ 尿石 強力 分解除去 トラップ清掃【北海道・沖縄・離島配送不可】

価格:1,727円
(2020/6/13 15:18時点)
感想(73件)

スマットが発生するので、これもいつものマイルドアシッド(硝酸系)で除去。

で、後はバフ掛け。

Dsc_9472 Dsc_9477

きれいに光りました。ガリ傷は完全に取り切っていないですが、使っていると、どの道付くものなのでそのままで。

ただ、そのままだとまたすぐに曇ってしまうので、ピカピカレインでコーティングしておきました。


バイク用 硬化型ガラスコーティング剤 ピカピカレイン [TOP-BIKE]

新品価格
¥4,980から
(2020/6/13 15:24時点)

シートピラーにも処理しまて半年以上たちましたが、金属表面のコーティングにも結構効いているようです。

次はこれを組み込みます。


レッツアルマイトB (6色) 高彩色・高耐候アルマイト施工キット

新品価格
¥14,800から
(2020/6/13 15:39時点)

アルマイトを再生するキットも出ていますね。

理屈の上ではこれを使ってアルマイトを再生。

切文字を使ってロゴをカラーアルマイトとして印刷して仕上げることもできそうですが・・・。

電解液の希硫酸の廃液処理に困ることは間違いなさそう。

切文字を作って、そこだけ着色するのも難易度はかなり高そうです。

いつか使ってみたい気もしなくはないですが・・・・。

          ↓にほんブログ村に参加中です。よろしかったらポチッって応援して下さい。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


自転車ランキング

 

 

2020年6月 6日 (土)

Ergopower VELOCE EP7-VLXC 分解

Dsc_9291 Dsc_9293

またしてもエルゴパワーのジャンクです。

VELOCE EP7-VLXC かな?と思います。パワーシフトですね。

右のレバーはシフターが戻りません。左レバーはフードの破れ。

取りあえず分解します。

Dsc_9295 Dsc_9297

まずは右レバーから。4㎜のアーレンキーをシフター内側からレバーの軸に当てて、金づちで打ち出し。

レバーが外れるとともにスプリングが落ちてきました。何だか変形しているような・・・。

Dsc_9301Ep7vlxc_20200606193001  

変形を直そうと動かしたら、ぽろっと折れました。

このスプリングのせいで動作不良になっていたようです。

右レバーなので、EC-XE037ですね。EC-RE137が、今は流通しているようです。

ちなみに破れたフードはEC-CE500のようです。丸頭のパワーシフト用ですね。まだ純正の供給があるのはありがたい限りです。

Dsc_9299

ちなみに左レバーはこうなっています。右はEC-RE137で大丈夫そうですね。

右レバーも軸を回すとラチェットの機構はきちんと動いているようなので、修理であればEC-ER137を入手してサクッと交換・取り付けで完了と言うところですが、今回はちょっと別の目的もあるのでばらします。

Dsc_9304 Dsc_9305

右レバーです。フードをめくると爪が外れるので、ハンドル側の樹脂パーツを外します。

Dsc_9307 Dsc_9309

シフトアップ用レバーはこの黒いラチェット(樹脂製)に噛んでいるように見えますが・・・。

軸のレバー側に4㎜、ハンドル側は3㎜のアーレンキーで緩めます。

Dsc_9311 Dsc_9316

ボルトと円盤が外れたらコイル状のスプリングが出てきます。

右上でボディーに刺さっているので、これをラジオペンチで引き抜き。

Dsc_9317 Dsc_9319

黒い樹脂ラチェット兼糸巻き。ラチェットのギアは付いていますが、どこともかみ合ってはいないようです。(謎)

これを外すと、軸が抜け落ちてしまいました。レバー側のスプリングがちゃんとしていれば、まだ抜けないはずです。

その下にはシフトアップ用レバーに連動するラチェット(金属製)が出てきます。

この辺の作りはAthenaのパワーシフト EP15-AT1C と同じですね。

Dsc_9322 Dsc_9325

金属製のラチェットを外します。

レバー側にくぼみがあって、ワッシャが1枚入っていました。

ラチェットの切込みは上下で同じようです。

Dsc_9326 Dsc_9328

スフトレバー、ボディ側にワッシャが1枚。

先端のラチェットは下向きにのみギアが切ってあります。

Dsc_9332

ボディ側のラチェットの受け側。パワーシフトはこの構造で統一されているのかな?

 

引き続き左レバーへ。

基本的に左右が違うだけで手順は同じです。(ネジも順ネジのみ)

Dsc_9336 Dsc_9337

ボディ内部の金属製ラチェット。

Athena EP15-AT1C の時もそうでしたが、ラチェットの上下で切り欠きが違います。

今回は多数ギアを切ってある方が標準で組み込まれていました。

新型には少ない方を標準で組み込むようにしているのでしょうか?

Dsc_9341 Dsc_9342

先端のスプリングはラジオペンチで摘まんで取り外し。

Dsc_9344 Dsc_9348

軸を押し出して左レバーは取りあえず分解完了。

Dsc_9349Dsc_9369

左シフターのボディー側にもワッシャがあります。

左の先端ラチェットはQS仕様。一番最初にある角のようなラチェットが肝らしい・・・どういった理屈かよくわかりません。

Dsc_9357

ようやく全バラ完了して、アルミレバーのブレーキ・シフトレバーの摘出完了です。

今回の目的は、実はVELOCEのアルミレバーをCHORUSのカーボンレバーと交換できないか?と言うことです。

そうすると、このVELOCEのロゴは取ってしまいたいところですね・・・。

それはまた次回に。

          ↓にほんブログ村に参加中です。よろしかったらポチッって応援して下さい。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


自転車ランキング

 

 

2020年2月29日 (土)

Athena 11s エルゴパワー 分解・修理

Dsc_8137Dsc_8237

少し前に入手したAthena 11s エルゴパワー EP15-AT1C です。

左シフターの巻き上げが固定できないとのことで、ジャンク扱いでした。

Athena-ep11atc-2015 Athena-ep11atc-2011

2015(左図)、2011(右図)

ATHENAの11sレバーは2011年モデルかと思いましたが、左本体ユニットのモデルNo.は2014年までのEC-AT201から2015年はEC-AT401Sに変更になっているようです。

分解図もずいぶん省略されて・・・。

コーラス8sのEC-09CHCGとも随分作りが変わってしまっています。

古めのモデルと同じようなつもりで手を出してしまいましたが、個別のスペアパーツの供給はなく、下手をするとユニット丸ごと交換と言うことになってしまいます。

とりあえずバラシてみましょう。

Dsc_8141_20200222105501Dsc_8143

レバーの軸は内側からアーレンキーを当ててプラハンでコツコツ・・・ではなかなか抜けないので、小型の金づちでコツンコツンとやると比較的簡単に抜けます。

ハンドル側のネジを外します。 トルクスで順ネジ、小さなワッシャが1枚。

Dsc_8146 Dsc_8147

丸い板を外すとゼンマイが出現。

ボディとは左側の穴に差し込まれて止まっています。

Inkeddsc_81461_li Dsc_8151

付け根をラジオペンチでつまんで右に引っ張って(赤矢印)外すと、白い糸車が出現。

Dsc_8153

糸車を外すとラチェットギアが出てくるので、これを外すとハンドル側は終わりです。

Dsc_8149 Dsc_8160

レバー側のネジを外します。これもトルクス、順ネジです。

ハンドル側に戻ってシャフトを抜くとシフトレバーも外れます。

Dsc_8162

バラシ終えました。ギアとかを確認しますが、どこも壊れていません????

Inkeddsc_8153_li

改めて確認すると・・・ここか!!ラチェットと絡むはずの左側のレバーがちゃんとあるべき位置に戻らず、ラチェットとかみ合っていません。

さらに、ここはちょっと分解できそうにありません。とりあえず洗浄してみましょう。

Dsc_8165 Dsc_8168

パーツクリーナで洗浄・・・・ちゃんと戻るようになりました。

砂か異物でも噛み込んでいたんですかね?或いはグリスも大して入っていなかったので油切れか・・・。

Dsc_8169 Dsc_8172

組み立てましょう。シフトレバーのスプリングの取付け。

Dsc_8175 Dsc_8176

先端側のラチェットは出っ張りがある方をレバー内側で外向きに取り付けます。

Dsc_8178 Dsc_8180

黒い樹脂パーツは前外側から、スプリングの中を通すように取付け。

Dsc_8182 Dsc_8184

シャフトにもグリスを塗って準備。シフトレバーのスプリングがボディに嵌るように挿入。

Dsc_8186 Dsc_8188

ハンドル側からシャフトを通して、レバー側をねじ止め。

Dsc_8190Dsc_8175

レバーとラチェットがかみ合うことを確認しておきます。

と言うのは、先端側のラチェットは片側にしかラチェットが切っていない仕様だからです。

Dsc_8192

件のラチェットと噛み合うアームにはグリスを多めに盛ってやります。

Dsc_8157

ところで、これから組み込むラチェットですが、上下でラチェットの切り方が違います。

先端側のラチェットは片側だけと、潔く削り取っといることを考えると何か意味がありそうですね。

Dsc_8225

この向き(▼マークが上)が、元々組み込まれていた向きです。

インナ側で小さくトリムが1回効いて、その後は一気にアウタへ巻き上げます。

Dsc_8222

今度は逆(▼マークが下)にしてみます。
カチカチと6ノッチでトリムが効きます。ウルトラシフト風です。

EP15-AT1Cはパワーシフトなので、アウタ→インナへは基本的にワンプッシュで戻りますが、巻上げの時だけでもトリムが細かく効いた方が融通は利きそうですね。

ヘタレなので、▼マークが下の組付けで組み立てることにしました。
Dsc_8197 Dsc_8199

白い樹脂の糸車を入れて、ゼンマイを組付けます。

Dsc_8210 Dsc_8212

糸車の切り溝にゼンマイを嵌めます。ゼンマイの反対側は上に来ていますので、ラジオペンチでつまんで、グルッと270°程回してボディ左側にある穴に差し込みます。

Dsc_8213 Dsc_8215

ゼンマイも防錆用にグリスを少々。金属の円板をかぶせてネジ止め。

動きを再確認しましたが、まあ大丈夫なようです。

Dsc_8231 Dsc_8233

ブレーキレバーを取り付けます。ピンは外側から、ピンのフランジが付いていない方をボディに差し込みます。

Dsc_8235

ここからはプラハンで打ち込んで終了。

ちなみにEP15-AT1C は左右とも188g。
RIDLEYに付けているEP7-CHXCは187gなので、アルミレバーになっても1gしか増えていませんね。
ULTRA ShiftとPOWER Shiftの違いによる構造の単純化以外にもラチェットの小型化や糸巻きの樹脂化等々やっていった結果なんでしょう。

これで、RIDLEYのブレーキレバーのシルバー化の第一歩が完了です。


Campagnolo Athena power-shift左レバーボディアセンブリfor 2015と後で、シルバー

新品価格
¥11,005から
(2020/2/23 10:44時点)

もしもモジュール一式交換だったらこれになってしまうところでした。

今回の入手価格よりより高いし。


Campagnolo Athena power-shift右レバーボディアセンブリfor 2015と後で、シルバー

新品価格
¥14,123から
(2020/2/23 10:45時点)

ちなみに右レバーはこちら。


campagnolo(フリガナ: カンパニョーロ) 16 ATHENA PS ERGOPOWER SIL 11S EP15-AT1C

新品価格
¥64,000から
(2020/2/23 10:43時点)

新車は・・・プレミア価格でしょうか?


Campagnolo カンパニョーロ ATHENA 11s エルゴパワー

価格:34,980円
(2020/2/23 10:47時点)
感想(0件)

こっちも。


Campagnolo - Leviers Ergopower Ultra-Shift Athena 11 vitesses

新品価格
¥45,848から
(2020/2/23 10:51時点)

できればウルトラシフトの方が良かったのですが・・・。

          ↓にほんブログ村に参加中です。よろしかったらポチッって応援して下さい。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

 

2020年2月 8日 (土)

エルゴパワー EC‐RE500 フード取り付け

Dsc_7958 Dsc_7967

シマニョーロ化の目途も立ったので最後の組み立てをやってしまいます。

Dsc_7963 Dsc_7965

ブレーキレバー裏にあるゴムもすり減っているので取り外し。

Dsc_7975

クイック部分を組立。ちょっと緩いですが・・・。

Dsc_7971Dsc_7974

アーレンキーで中子の位置を合わせながら、シャフトを打ち込み。

Dsc_7978

最後にハンドルバーに当たるところのカバーを取り付ければ、組み立ては完了。

Dsc_7982 Dsc_7980

但し、ここからが本番の、フードの取付。第一世代エルゴパワー用は今はEC-RE500と言う型番です。

Dsc_7984 Dsc_7986

レバー側から組付け・・・・そのままじゃ力が入らなくて無理です。

Ergopower EP7-CHXC の時はタイヤレバーが活躍しましたが、このとんがり帽子には上手く活躍してくれません。

ハンドルバーに取付けてグイグイ・・・。

Dsc_7988 Dsc_7990

結局はブレーキレバーのところのフードに指をかけて、力業で引き上げる方向で何とかはまりました。

レバー裏側にある穴にフードのポッチをはめると、フード全体があるべき位置に収まって行きます。

Dsc_7993

とりあえずフード取り付け完了。冬なのに汗だくです・・・。  (;´▽`A``

Dsc_7995 Dsc_7998

ブレーキレバー裏のゴムの交換用のEC-RE030。

これでブレーキレバーとシフトレバーが当たってカチャカチャ言うのが解消されました。

Dsc_8001Dsc_8004

ずいぶん手間暇かけてしまいましたが、EC-02CHのグリスアップ+9速化+フード類のリフレッシュの完了です。

ちなみに左右で422g。Ergopower EP7-CHXCは左右で374gでしたので、カーボンレバーとアルミレバーの違いくらいでしょうか。

BRUNOの手元シフト化用に組み付けたいですが、一体いつになることやら。

          ↓にほんブログ村に参加中です。よろしかったらポチッって応援して下さい。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2020年1月25日 (土)

8s エルゴパワー 9s化 改造

とりあえずグリスアップが終わったEC-02CHですが、カンパ8sのままだとシマニョーロ化するにも難しそうなので、まずは9速化します。

Ec02ch Ec02ch

いわゆるとんがり帽子の第一世代エルゴパワーだと、9sモデルが出てくるのは1997年モデルのEC-09CHCG。

EC-02CHのラチェットギアEC-RE013をEC-09CHCGのEC-RE113に交換できれば9速化できるはず・・・です。

が、EC-RE113はもはや出回っていませんねぇ。EC-RE313やEC-RE063は見かけますけれど。

と探していたら、こんな書き込みを発見。

"Campy Ergopower 8 speed (pointy hood) shifters can be converted to 9 speed with the part EC-RE313 (basically a 9-speed ratchet).
You can't use bits from a round-hooded 9-speed shifter to upgrade a pointy-hooded 8-speed shifter; the dimensions of the pivot bolt (I think that's what it's called) on 9-speed round-hooded ergo shifters were increased a bit. So the hole in the middle of the 9-speed ergopower index ratchet (from the round-hooded shifters) will be too big for the pivot bolt of an 8-speed ergopower shifter."

とんがり帽子の8速シフターはEC-RE313で9速化できる。

丸頭の9速ビットはとんがり頭の8速には使えない・・・。

Ec29chcg

って、そもそもEC-RE313自体が 1999年のEC-29CHCGからのようです。これは丸頭。ちょっと支離滅裂な記載ですが・・・。

Dsc_7746

取り寄せてみました。

Dsc_7761 Dsc_7768

左EC-RE013、右EC-RE313。EC-RE313の方が一回り小さいです。

真ん中の穴は平行な部分で1㎜、Rがついている対角で1㎜RE-EC313の方が小さくて、その面は1㎜程へこんでいます。

全体厚みもRE-EC313の方が薄くなっていますが、ラチェットギアの部分は同じ径のようです。

真ん中の穴を何とかしないとどのみち使えませんね。

Dsc_7779 Dsc_7782

ええ、工作用のやすりで削りましたよ。ノギスで寸法を測りながら、各面0.5㎜ずつ。

無事シャフトは嵌るようになりました。ちゃんと組みあがるかは???

Dsc_7786 Dsc_7788

改造EC-RE313を組み込んでみます。シャフトのノッチの引っ掛かりは、どの程度引っかかっているかは確認できませんが何とかクリア。

Dsc_7790

とりあえず親指レバーを取り付けます。ラチェットギアが薄い分、簡単にはまりました。

Dsc_7794 Dsc_7796

が、その分の付けがラチェットギアと親指レバーの間に1㎜位の隙間として出てきました。

ギアのポジションによっては親指レバーがラチェットギアとかみ合わず空転して、ちょっと塩梅が良くありません。

Dsc_7799 Dsc_7803

外径12㎜内径10㎜のアルミパイプを1㎜切り出してスペーサとして使います。

親指レバー/薄ワッシャX2/アルミスペーサ/逆ネジボルトの順で組付け。

本当は内径9㎜だと丁度良かったのですが、まあ何とかなりました。

Dsc_7810 Dsc_7813

親指レバーとラチェットギアの相対的な位置もばっちりです。

パチンパチンとシフター部分はきちんと機能しています。

ちなみにレバー先端側にもEC-RE133と言う小さなラチェットギアがありますが、こちらはEC-02CHの8sのものをそのまま使用しています。

そのため最悪8速しか使えなくてもしょうがないなと思っていましたが・・・9速全部普通に使えました。

ただし、今のところレバー単体での確認のみです。

どう使うかは別として、9速化できたので、BRUNOへの生かし方の選択の余地が広がりました。

 で件の英文の書き込みですが、どうも記載してある内容が部分的に逆ということになりますね。やれやれ。


SUN UP ダイヤモンドヤスリ 5本組 チタンコーティング 140mm

新品価格
¥665から
(2020/1/26 16:45時点)

こんな工作用のやすりが1セットあれば削ったりするのには十分です。

チタンとかでも結構削れます。

          ↓にほんブログ村に参加中です。よろしかったらポチッって応援して下さい。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村