2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« メインジェット調整 - GSX250S KATANA | トップページ | エアクリーナー -GSX250S KATANA »

2024年5月23日 (木)

メインジェット調整後のあれやこれや - GSX250S KATANA

メインジェットを前回薄くなる方にずらしたので、そのほかのセッティングを見直してみます。

 

・MSDIの点火タイミング

  モリワキワンピースの時に色々試して4にしていましたが、他の人は3にしているのが多かったように感じていました。

  再度3と4で比較・・・4の勝ち。

  3にすると3~5000rpmがスカスカな感じがします。

  自分の感覚を信じて4のままで。

・エアフィルタ

  SIMOTA エアフィルター OSU-5589を入れていましたが、ドラッグサイクロンはそんなに抜けが良い訳ではないそうです。

  そうすると、エアフィルタもそんなに吸気効率を求めるものでもないのかも。

  20240518_150827

 SIMOTAのエアフィルタ入り口を半分ほどガムテープで覆ってみました。(2/3位か??)

 →3~5000rpm辺りのトルクがドッカンと図太くなりました。アイドリングも下がるので少し調整。

 ふう~~~ん。

 マフラーの抜けが良くなって、吸気側の効率をよくすると上は伸びるけれど、低速トルクはなくなるようなことを聞いたような気もする。

 まぁ、上の出力を求めるか、下のトルクを求めるかと言ったことなんでしょうね。(適当な個人の感想です。 (^^;;;;  )

 所詮は250㏄なので、全域カバーなんてことは不可能なのは分かり切ったことです。

 小刀は高回転型のエンジンですが、10,000rpm以上なんて滅多に使うものではないので、低速トルク側に重みを置いて検討を進めます。

IMOTAのエアフィルタ入り口を半分ほどガムテープで覆ってそのままでも良いのですが、手元にはNTB SA-1015 インパルス用の代替フィルタがあります。

20240518_154549

SIMOTAは上のファネル無し、SA-1015は少しありますが、小刀純正に比べると短いファネルです。

その結果・・・アイドリングは少し下がった?変わらないくらい?

実走行ではSIMOTAより下のトルクが若干あるような気もしますが、プラシボー的な気もしなくはない。

インパルス用のSA-1015自体も小刀純正より吸気効率は良くなっているはずなので、小刀純正に戻してみましょうか・・・。

でもそうすると、小刀標準の吸気系+メインジェットニードルで少し薄くした状態と言うことになります。

ドラッグサイクロンが、小刀標準でのポン付けをベースに設計されているならば妥当なセッティングと言うことになるのか??

何だか良く分からなくなってきたけど、小刀標準フィルタを試してからだな。

 

  ↓にほんブログ村に参加中です。よろしかったらポチッって応援して下さい。
 にほんブログ村 自転車ブログへ   
にほんブログ村 バイクブログへ 

にほんブログ村

2りん庵 - にほんブログ村

                                               いいね!ボタン💛もつきました。↓

 

« メインジェット調整 - GSX250S KATANA | トップページ | エアクリーナー -GSX250S KATANA »

GSX250S KATANA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メインジェット調整 - GSX250S KATANA | トップページ | エアクリーナー -GSX250S KATANA »