2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 木曽・飛騨・信州ツアー④ - GSX250S KATANA | トップページ | メインジェット調整後のあれやこれや - GSX250S KATANA »

2024年5月12日 (日)

メインジェット調整 - GSX250S KATANA

この間の木曽・飛騨・信州ツアーでもビーナスラインとか走っていると何だか吹けあがりが悪いような気がする。

標高1600~1800mってところなんで燃調が濃くなっているのでしょうか?

SIMOTAのフィルタに、ドラッグサイクロンを付けて、薄くなっているつもりでしたが ・・・。

20240511_135549

そのマフラーの出口は結構煤っぽいし、そういえばドラッグサイクロンを入手した時は、エキパイにはカーボンが厚く堆積していました。

ドラッグサイクロンはそんなに抜けが良い訳ではないのかな??

でも、去年のようなエンジン不調と言うことではないので、メインジェットのニードル位置を少し変更してみましょう。

20240511_132242 20240511_132628

キャブを取り外すまでは必要ないけれど、キャブの上蓋を外すためタンクは下ろします。

それでも2、3番のふたの+ネジは普通のドライバだと長くてダメなので短いやつで・・。

20240511_132719 20240511_132901

4、3番のふたをぱっかん。同調を取る穴のところに入っているOリングをずらさないように注意しつつ・・・。

20240511_132935

ダイアフラムごとニードルを取り外します。

20240511_133009 20240511_133128

オリジナルは上から3番目にCリングが嵌っているのを上から2番目に変更します。

こうするとメインジェットが動いている時の混合気が薄くなるそうです。

20240511_133523 20240511_133640

ニードルとスペーサをセットしたダイアフラムを入れたら蓋をして3,4番完了。

20240511_134314 20240511_134350

1、2番も・・・・

20240511_134422

同じようにばらして・・・

20240511_134427 20240511_134522

ニードルのCクリップを差し替えたら・・・

20240511_135224

逆の手順で組み立てて1,2番も完了。

試走へ・・・う~~ん、平地じゃ良く分かんない。(^^;;;

しばらくこれで乗ってみましょう。燃費がどうなるのかも気になるところなので。

 

  ↓にほんブログ村に参加中です。よろしかったらポチッって応援して下さい。
 にほんブログ村 自転車ブログへ   
にほんブログ村 バイクブログへ 

にほんブログ村

2りん庵 - にほんブログ村

                                               いいね!ボタン💛もつきました。↓

 

 

« 木曽・飛騨・信州ツアー④ - GSX250S KATANA | トップページ | メインジェット調整後のあれやこれや - GSX250S KATANA »

GSX250S KATANA」カテゴリの記事

コメント

通りすがりの小刀乗りさん、
お久しぶり。
信州~飛騨は2年連続になってしまいましたが、奥飛騨はGW中まだ冬季通行止めが解除されていないルートが多いのが難点です。やっぱ夏か秋かな・・。
情報多謝です。
>はい、抜けが悪いです。
あ、やっぱし。
モリワキ ワンピースから乗り換えた時にもなんとなくそんな感じがしていました。
そうすると少し薄めにするのが正解かな?
ばらすのはエンドのリベットを外すようですね。ちょっと敷居が高いかも。
とりあえず今回の変更と、MSDIの進角調整、インパルス400純正互換フィルタ(なぜか手元にありますwww)この辺で試行錯誤してみますね。
あ、ブリーザは、なんちゃってオイルタンクを経由して、まだ開放してあります。

ご無沙汰しております。

通りすがりの小刀乗りです。

木曽・飛騨・信州・ビーナスラインは、ワタシも夏のロングツーリングで何度か行ったことがあります。奥飛騨辺りに行くと毎回、雨に打たれていましたね(笑

当時、いろいろ、キャブ・セッティングを変えてましたが、
うちの250Sは大体、標高1000m以上になってくるとE/Gの吹けが悪くなって、アイドリングも不安定で低くなるので、その都度アイドルアジャスタで調整してました。

因みに、
>ドラッグサイクロンはそんなに抜けが良い訳ではないのかな??

はい、抜けが悪いです。
メーカさんがその様に封印をかけて作られているので、
(フィーリングの味付け、微妙なトルク向上と騒音対策の一環では?)
当時のヨシムラ管(国内販売仕様)とUSヨシムラ管を全バラシした写真でもあれば見比べると違いが観られます。
ドラッグサイクロンをバラシて、先から端までよく観てみると一か所だけ違和感があるかと思いますよそれが封印です。
それを解くと抜けが良くなってフロントパイプのカーボン溜まりもなくなり排気音も軽く感じますが、その分ですが燃調が薄くなってしまうので、ワタシの場合、エアクリフィルターは最終的に GSX1400純正⇒インパルス400純正互換品(乾式)に交換しました。

余談ですが、
250Sの場合、わざと2・3番シリンダーを中心に、ミスト状のブローバイオイルをキャブを通してE/Gに取り込んで、燃焼温度を下げる苦し紛れの仕様で作られているので、オイルキャッチ・タンクを付けるとその分ですが燃調が薄くなってしまいますね。
ではでは。。。。。。、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 木曽・飛騨・信州ツアー④ - GSX250S KATANA | トップページ | メインジェット調整後のあれやこれや - GSX250S KATANA »