2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ヤフオクで買ったセロー250 -フロントブレーキバッド交換 | トップページ | 木曽・飛騨・信州ツアー① - GSX250S KATANA »

2024年4月 6日 (土)

フロントキャリパー 分解清掃 - セロー250

フロントブレーキの利きが悪いセローです。

いかにオフ車とは言え、ちょっと尋常ではありません。

最初に買ったLX250Rもブレーキの利きが悪く、シクハクしていたのですが、フロントのドラムブレーキを引きすぎて、万年ブレーキ状態になっていたのでした。

この時はバイク屋から買ったのにの~~。

結局ばらして調整しなおしてちゃんと聞くようになりましたが。気が付くまで1年半ほどかかりましたが~~。

さて、セローの方は、もうちょっと何とかならんかと調べていると、こんな記事が

20240401_132621

これをチェックしてみると、マスターのシリンダーを押す部分が少しへこんでますが、調整ボルトが引っ掛かるほどではないように見えます。

20240401_132917 20240401_133156

それでも上の記事の下のコメントにあったボルトの頭で押すように差し替えてみました。

20240401_134129

当たりは横にずれてスムーズに滑っているように見え、その一方でレバー比が少し小さくなるようにも見えます。

ついでにマスターの方はシリコーンスプレーをプシュっと。

結果は・・効果なし。ここじゃなかったようです。

20240401_144505

キャリパーの方かな?

前回はザっとした掃除だけだったので、もう少し掃除して、シリコーンスプレーをピストンに吹きかけて揉み出ししてみます。

・・・かなりブレーキの利きが良くなりました。

でも黒い錆び(?)状の汚れは取れません。錆取りしても後々良くなさそうなので、新品に交換してしまいましょう。

20240406_105247

ピストンアセンブリセット。

パーツカタログも入手しておかなくちゃ・・と思っていたらYAMAHAはWEB上で公開していました。

さすがに現行ではないものの、12年落ちくらいであれば部品は充分出ているようです。共通部品も多いのかな?

20240406_105758

とりあえずキャリパーをばらします。

20240406_105915 20240406_105933

そのままブレーキレバーを引くと、大径ピストンの方が先に出てきます。

ピストンの動きが渋いんですかね?

20240406_110100

分解の方は、サービスマニュアルによると、先にピストンを押して凹ませて、ブリーザーからフルードを抜いて、その後エアでピストンを抜く手順ですが、コンプレッサなんてないので、逆にピストンが抜け落ちる直前まで押し出しておきます。

20240406_110624 20240406_110643

引き続き、マスタ側の準備を。まずはリザーバのふたを開けておきます。白い中蓋を取り外し・・・

20240406_110711 20240406_110745

ダイアフラムを取り外し。

目一杯押し出しているのでフルードはあまり残っていませんが、まあきれいな状態でした。

20240406_111530 20240406_111705

ピストンをプライヤで抜き取ります。フルードがドパッと出てきますがこれはやむなし。

バケツの底で受けておきます。

20240406_11183020240406_113722

バンジョーとブリーダーボルトを外して、パーツクリーナで洗浄。

大小シリンダの中にあるゴムのシールを2本ずつ抜き取ります。

汚れとかは歯ブラシでゴシゴシ・・この程度で良しとします。

20240406_114131 20240406_114609

新品のゴムシールは、フルードにしばらく漬けてからシリンダの方へ組付け。

20240406_114926

新品のピストンも挿入側をフルードに漬けてから手で押し込みます。

20240406_115259 20240406_115322

パッドの方はピストンと反対側のパッド裏にシムを1枚挟むのが標準でした。

ハーツリストを見ていて気が付いたもので、これは新品を組み付け。

これがないとパッド間のセンタがずれてしまうような気がする。

20240406_115649 20240406_120115

パッドグリスを塗って・・・

20240406_120232 20240406_121237

キャリパを組立。車体に取り付けて、バンジョーとブリーダーボルトも取付けます。
20240406_121618 20240406_122000

エア抜きを楽にするため、シリンジにフルードを入れて、キャリパ側から注入します。

40㏄程も注入すると、無事マスター側にフルードが流れ込んでくれました。

ちなみにスズキのDOT-4です。小刀との共通化で。


SUZUKI/スズキ純正【エクスター】ブレーキオイル【ブレーキフルード DOT4】0.5L

新品価格
¥1,500から
(2024/4/6 19:08時点)

20240406_122247 20240406_122842

ブリーダーボルトにはワンウェイバルブを付けなおして、ブレーキレバーをキコキコ・・・100㏄程も排出してエア抜き完了。

20240406_123131 20240406_123844

マスター側にフルードを足してから、ダイアフラムとか蓋を取り付け。

20240406_125022 20240406_125038

ちなみにこの状態であれば、大小ピストンのうち小の方が先に動き始めます。

一緒に動くかなと期待もしましたが、そうでもないようです。

でもピストンは手で簡単に押し戻せるくらい軽くなりました。

 

期待しつつ試走へ・・・・

 ブレーキの利きはだいぶ良くなりました。

 が、こんなもんか?と言ったレベルなのもまた事実。

まぁ、ロータ径は小刀が320㎜、セローが240㎜、ホイール系もセローの方が大きいので同じ効き方ってことはないし、ダートではこれくらいの方がコントロールできるかも。

 XLR250Rとかもこんなもんだったかな? リアをホッピングさせながらコントロールしてたような気もするし。

 でもまぁ、もう少しパッドの当りが出ると、もう少しはよくなるかな?

 ディトナのゴールデンパッドとかにした方が良いかな?

 しばらく様子見で。

 

  ↓にほんブログ村に参加中です。よろしかったらポチッって応援して下さい。
 にほんブログ村 自転車ブログへ   
にほんブログ村 バイクブログへ 

にほんブログ村

2りん庵 - にほんブログ村

                                               いいね!ボタン💛もつきました。↓

« ヤフオクで買ったセロー250 -フロントブレーキバッド交換 | トップページ | 木曽・飛騨・信州ツアー① - GSX250S KATANA »

セロー250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤフオクで買ったセロー250 -フロントブレーキバッド交換 | トップページ | 木曽・飛騨・信州ツアー① - GSX250S KATANA »