2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

日本ブログ村に参加中です。 ポチって応援して下さい。

カテゴリー

楽天市場

  • 楽天市場
無料ブログはココログ

« BROOKSバーテープ、HUDZフード | トップページ | ヤフオク三昧の日々 »

2020年7月 4日 (土)

Ergopower VELOCE EP7-VLXC 組立てたんだが

CHORUS エルゴの方も完了したので、前回ばらしたVELOCEの方を組み立てます。

Dsc_9601 Dsc_9597

右レバーから。

パワーシフトなのでウルトラシフト程の部品数ではありません。

折れていたスプリングEC-RE137も新品に。

Dsc_9605 Dsc_9606

シフトレバーはCHORUSからの流用です。でも元々ここは共通部品CE-CH428/429です。

Dsc_9610 Dsc_9614

グリスを塗ってボディに差し込んだらスプリングの取付。

Dsc_9618 Dsc_9621

スプリングをボディに引っ掛けたら完了。インデックスのギアをレバーの位置に合わせておきます。

Dsc_9624 Dsc_9626

ハンドル側のインデックスギアの取付。スペーサをボディ側に付けておきます。

Dsc_9631 Dsc_9634

ギア付きの糸巻きを挿入したら、ゼンマイスプリングを取り付けます。

Dsc_9639 Dsc_9641

ゼンマイの外側をボディに差し込んで、真ん中の出っ張り部分をラジオペンチで挟んでからグイ~~~っと360°程巻き上げてから、糸巻きの溝に引っ掛けてやります。

Dsc_9643

蓋をして動作確認・・・・シフトダウンの巻上げはきちんとできて、固定も問題ないのだけれど、戻す時は1ノッチでロー→トップに一気に行ってしまいます。

Dsc_9646

親指レバーの爪がこの糸巻きのギアと噛み合って1段ずつシフトアップできるはずなのですが、これがうまくかみ合っていないようです。

ギア先端に若干の摩耗は見られますが、これ位で??と言った感じです。

親指レバーの爪が破損しているのか、組み立ての不手際か・・・よく分かりません。

Dsc_9648 Dsc_9650

気を取り直して左レバーへ。先端のラチェットは非QSのラチェットで組付けます。

Dsc_9654

シフトレバーの組付けは右と同じです。

Dsc_9657 Dsc_9660

ボディ側のインデックスギアはATHENA 11速と同じく上下でギアの切り方が違います。

今回も多段の方を使うようセットします。

Dsc_9662 Dsc_9664

黒い糸巻きを入れてから、ゼンマイをボディ側にセット。

Dsc_9666 Dsc_9668

右と同様にゼンマイを360°程巻いて糸巻きの溝にセットしたら、蓋を付けて組み立て完了。

動作確認は・・・OK、問題なし。

 と言うことは、右の組立自体も問題ないと思います。

左右比べてみると、右の方は左より糸巻きのギアまでの半径が少し小さいように思えます。

他のモデルのが入っているのかとスペアパーツリストを漁るものの、当該の部品は全部共通のようです。

しかも単体での販売はすでにない模様。 \(^o^)/オワタ

 

他から部品を取ってきて・・・と言うのもありですが、すでに自転車の台数以上のエルゴがあるので、これは素直に部品取りとして、どなたかに有効活用していただきましょう。

 

と言うことで、ジャンク品として絶賛発売中です。

有効活用できそうな方、いかがでしょうか?

【完売しました。落札ありがとうございました。】

        ↓にほんブログ村に参加中です。よろしかったらポチッって応援して下さい。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


自転車ランキング

 

 

 

« BROOKSバーテープ、HUDZフード | トップページ | ヤフオク三昧の日々 »

Ergopower」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BROOKSバーテープ、HUDZフード | トップページ | ヤフオク三昧の日々 »