2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

日本ブログ村に参加中です。 ポチって応援して下さい。

カテゴリー

楽天市場

  • 楽天市場
無料ブログはココログ

« ステムの斜臼化、チタンボルト化 | トップページ | Athena 11s エルゴパワー 分解・修理 »

2020年2月22日 (土)

Superbe Pro Track チタンシャフト化

ランドナーに使っているのはSuperbe pro Trackペダルです。

Dsc_8059 Dsc_8056

その交換用チタンシャフト・・・レア物です。

ロード用にはチタンシャフト仕様の設定がありましたが、トラックにはありませんでした。

前田工業自体がアフターパーツとしてチタンシャフトを扱っていたこともあったようなのですが、前田工業純正?かどうかは分かりません。

入手したシャフトには、取り付け用の六角レンチ穴はありません。う~~ん。

Dsc_8061

同梱されていた取説。・・・ドイツ語です。昭和臭漂ってますが。

Googleさんに英訳してもらいました。

「Remove: remove pedals from crank.
Unscrew the axle screw approx. 2 turns.
Leave the Allen key on it and drive a piece out of the bearings with the plastic hammer axle. Loosen the additional 2 turns of the axle screw. Drive out the axle, etc. Sometimes the inner bearing is driven out. The bearing can be loosened slightly in the vice (do not pinch, just hang up). Install: Try out how many spacers are needed so that the bearings run smoothly and on the other hand there is no play when trying to move the pedal body axially and radially with force. Degrease the bearing seats and use 2-component adhesive or the like. spread thinly. Assemble the pedals.」

結構取り外し方とか細かく書いてあります。

Dsc_8066 Dsc_8064

左右のペダル。211gと209gで420g(鉄クリップ+革ストラップ)です。

Dsc_8068 Dsc_8070

マニュアルに従ってシャフトを取り外し。

Dsc_8072 Dsc_8075

外側のベアリングは、アーレンキーでつついて取り外し。

内側のベアリングはマニュアルに従い取り外し。

Dsc_8079 Dsc_8081

ベアリングが外れました。

Dsc_8084 Dsc_8086 

このシールドベアリングは蓋が外れないようなので、パーツクリーナでザッと洗浄した後、WD40に漬け込んでおきます。

Dsc_8088 Dsc_8090

クロモリシャフト117gに対してチタンシャフト70g

鉄とチタンの比重差だと61g位になる計算ですが、そこまで軽くない。

その時代の加工能力の問題等で、中空の肉厚とかも厚いままなのかな?

Dsc_8113 Dsc_8115

組立てます。黒い樹脂カバーを付けて、内側のベアリングを叩き込み。


PARKTOOL(パークツール) 金属結合防止剤 焼付き防止剤 アンチシーズコンパウンド ASC-1

新品価格
¥1,019から
(2020/2/15 18:37時点)

チタンのカジリ防止用にParktool ASC-1 を使っておきます。

Dsc_8117

外側のベアリングを入れてから、シャフトを通して、ロックボルトで締めこんで完成。

ロックボルトの内側に0.2㎜厚ほどのワッシャが入っていて、これの厚みを少し調節したいところですが、物がないので今回はそのままで。

Dsc_8119 Dsc_8122

交換後は188gと186g。足して374gです。ま、ほぼ計算通り。

鉄クリップをどうするかはまた考えるとして、取付ボルトをアルミにしちゃいましょうか。

Dsc_8123 Dsc_8125

と言ってもすでにチタンボルト化してあったので、アルミボルト(ボトルゲージ用)をギリギリの長さに削り込んでもその差は1.6g。

あんまり意味がなかったかも。

Dsc_8134 Dsc_8130

まぁ、男の気持ちです。

187gと185gで372g。元の420gから48gの軽量化となりました。

全体ではなかなか軽くなりませんね。

 

Dsc_8054

ついでにMaglite用ランプホルダも取り外し。実は110gと地味ながら重い。

Maglite本体は犬の散歩用に出張中なのと、車のガラスでも叩き割れそうな質実剛健さなので、他のを考えましょう。

差し当たりはなくてもいいかも。

これで、積算でザッと200g程軽くなったことにはなります。


ミノウラ/minoura カラーアルミボルト 8本 シルバー 104061 ボトルケージのネジ

新品価格
¥890から
(2020/2/22 13:40時点)

探すとなかなかないアルミボルトです。

これのコスパはいいですが、表面は曇っています。

ピカールとかで磨けばピカピカに光ります。

          ↓にほんブログ村に参加中です。よろしかったらポチッって応援して下さい。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« ステムの斜臼化、チタンボルト化 | トップページ | Athena 11s エルゴパワー 分解・修理 »

ランドナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ステムの斜臼化、チタンボルト化 | トップページ | Athena 11s エルゴパワー 分解・修理 »