2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

日本ブログ村に参加中です。 ポチって応援して下さい。

カテゴリー

楽天市場

  • 楽天市場
無料ブログはココログ

« TOKEN BB TK877TBT 分解グリスアップ - 圧入 | トップページ | ベル コラム直付け ‐ やまびこベル/VIVA 真鍮スプリングベル »

2019年12月21日 (土)

TOKEN BB TK877TBT 組込み

前回NUTEC NC-100でグリスアップしたTOKEN TK877TBT をRIDLEYに組み込みます。
Dsc_7098

まずはチェーンを外して、これまで付いていたDURA ACE BB-R9100での回転具合を見てみます。

Dsc_7095

上死点から手でエイやと回して見ると大体4回転で停止。

新品の時はペダルはEggbeaterでしたが、その時は2.5回転で止まったことを考えると多少はナジミが出てきてるのかな?

ペダルの重さの分かも。

Dsc_7101_20191215165101 Dsc_7103_20191215165101

早速クランクを外して、DURA ACE BB-R9100も取り外し。

取り付けにはBB-R9100のようにアダプタは使いません。


BBB BIKE TOOLS BTL-27 BRACKETGRIP 102159 BTL-27

新品価格
¥999から
(2019/12/15 16:56時点)

このツールにはホローテックIIのキャップを締めるツールも一緒になっていますが、クランクが違うのでそれは使いません。

Dsc_7106 Dsc_7107

まずは右BBから。逆ネジで締め付け。

Dsc_7110 Dsc_7112

締め込んだら、ダストカバーの内側とクランクシャフトに薄くグリスを塗って差し込み。

ダストカバーとクランクシャフトの嵌め合いの部分が結構硬いので、プラハンで叩いて少し中へ入れてやります。

Dsc_7116 Dsc_7117

今度は左BB。黒いダストキャップは左BBに差し込まれているだけなので、クランクシャフトに押されて外に出てきてしまいます。

Dsc_7120 Dsc_7123

左BBのねじ山を拾ったら、少し締め込んでダストカバーが浮いてきたら、左クランクを当てがってプラハンでコンコンと打ち込み。

これを左BBを締め込んでは、左右クランクをプラハンで叩いて打ち込むを繰り返していきます。

Dsc_7127

最後に締め込んで左BB完了。

Dsc_7130

OX901Dのプレッシャーボルトを締め込みます。

でも締め込み切ると回転が重くなってしまうので、BBの回転具合を見ながら、プレッシャボルトを半回転ほど戻したところで左クランクの取り付けネジ2本を締めて、それからプレッシャボルトを本締めしてやります。

OX901D マニュアル

Dsc_7095

組立て完了。

気になる回転の方は・・・上死点からエイやで回して止まるまで12回転。

実に3倍回るようになりました。

・・・・BRUNOのチタンシャフトBBではNUTEC NC-100でグリスアップして16回転回ったので、もう少し行くかとも期待したんですが、ペダルにクリップとかが付いてブラブラしてるせいかな?

しばらく走ってみて、どうなるか様子を見ましょう。

でもまぁ、ここまではベンチの話なので、早速試走に入ります。

走り出した第一印象は、軽い!!軽く回る・・・プラシボー効果もありでしょうが・・・という事でした。

実走でも多少速度が乗っているように感じます。 こうなるとBB-R9100には戻れません。

でも、一番実感したのはトークリップを拾うためにクランクを逆転させた時の回転の良さだったというのは内緒です。


TOKEN(トーケン) TK877TBT BB Road/MTB TK877TBT ゴールド JIS(68)

新品価格
¥10,900から
(2019/12/15 17:32時点)

ポチッとよろしく!

          ↓よろしかったらポチッって応援して下さい。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

 

« TOKEN BB TK877TBT 分解グリスアップ - 圧入 | トップページ | ベル コラム直付け ‐ やまびこベル/VIVA 真鍮スプリングベル »

RIDLEY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TOKEN BB TK877TBT 分解グリスアップ - 圧入 | トップページ | ベル コラム直付け ‐ やまびこベル/VIVA 真鍮スプリングベル »