2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

日本ブログ村に参加中です。 ポチって応援して下さい。

カテゴリー

楽天市場

  • 楽天市場
無料ブログはココログ

« MKS Urban Platform/アーバンプラットホーム プチ改造 | トップページ | TOKEN BB TK877TBT 組込み »

2019年12月14日 (土)

TOKEN BB TK877TBT 分解グリスアップ - 圧入

DURA ACE BB-R9100で組んでいましたが、回転がもっさりしているのが嫌なので交換します。

交換するBBは、TOKENのTK877TBTです。


TOKEN(トーケン) TK877TBT BB Road/MTB TK877TBT ゴールド JIS(68)

新品価格
¥10,900から
(2019/12/14 13:42時点)

Dsc_7038 Dsc_7039

TBT(TIRAMIC BEARING TECHNOLOGY)です。

セラミックベアリングとチタンコーティングされたレースとコーンだそうです。

Dsc_7087 Dsc_7089

重量は全体で86g。BB-R9100は68gだったので、ちょっと重めです。 左BB39g。

Dsc_7092 Dsc_7093

右BB40g。真ん中のシールは8g。計算が少し合いませんが、左右BBが39g位ってとこでしょうか。

回転はまあ軽い・・・けれど中古なのでグリスアップしておきましょう。

Dsc_7041 

左右のBBを抜いて、黒いダストカバーを手で外せば簡単にシールドベアリングにアクセスできます。

Dsc_7043_20191214134901 Dsc_7046

件のTBTシールドベアリング。型番はTK6805TCと言うのがシール部分に見えます。

これを外して洗浄・グリスアップすることになります。

Dsc_7047 Dsc_7049

まずは右BBから。

いつものように精密ドライバで赤いカバーを外すと・・・あれ?ベアリングが出てこず、黒い樹脂のようなものが見えます。

この部分で回転しているようですが、これが外れません。???TBTベアリングはこんなのでしょうか?? ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

左BB側を外してみると普通にベアリングが出てきます。

黒いセラミックベアリングです。 やっぱりこうですよね。

右BBはグリスが固まって、こう見えてんのかな?

とりあえずパーツクリーナで洗浄・・・グリスの塊ではなくてやはり樹脂であることが判明。

Dsc_7059

違うシールドベアリングが入っているのかな?と思いましたがカバーの型番は左右とも同じ。

・・・・もしかしてリテーナに表裏があるのかな?・・だとしたらシールドベアリングを抜かないとグリスアップできません。

イージーモードから、いきなりハードモードに突入。

Dsc_7051 Dsc_7053

19mmのソケットレンチを内側から当ててブラハンでガツンと打ち出し。

圧入と言うほど硬くも無く、外れました。

Dsc_7056 Dsc_7057_20191214140001

外したシールドベアリングの反対側のカバーを外してみると、黒いベアリングがいました。ヽ(´▽`)/

予想通り、表と裏でこんな風に構造が違っているようです。

せめて外側にベアリングが来るようにBBをアセンブルしてよ、TOKENさん。

まあ、シールドベアリングのユニットとしての表裏はないということなんでしょうけど。

Dsc_7058 Dsc_7063

シールドベアリングの裏(?)の方は薄くグリスを塗ってフタ!


NUTEC(ニューテック) グリス NC-100 ハイパーMP グリース

新品価格
¥4,399から
(2019/12/14 14:04時点)

グリスはいつものNUTEC NC-100です。

Dsc_7065 Dsc_7067

ベアリング側は玉に一通りグリスが乗るよう少し多めに入れてやります。

Dsc_7070 Dsc_7071

フタをしてお終い・・・ではなくて右BBのワンに圧入してやる必要があります。

ワンの内側とシールドベアリングの外側にもグリスを塗っておきます。

もちろんベアリング面が外を向くようにセットしてやります。

Dsc_7073 Dsc_7075

ちなみにTBTシールドベアリングが20g、BBワン側は18g。

シールドベアリング自体が重いんじゃしょうがないですね。

Dsc_7077 Dsc_7079

シールドベアリングの圧入は、先ほどのソケットレンチの頭を逆にして差し込んで、再度プラハンでガツンと。

無事はまりました。・・・BBからの異音の元にならなければ良いですが。

Dsc_7081

後はダストカバーをはめて右BB完了。

Dsc_7083 Dsc_7085

左はワンに付けたまま、グリスを塗布します。フタを取り付けダストカバーを付けたら左BBも完了です。

回転はスムースです。グリスアップした直後だけあって多少のもっさり感は残りますが。

組み付けるのが楽しみになってきました。

ポチッとよろしく!

          ↓よろしかったらポチッって応援して下さい。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

 

« MKS Urban Platform/アーバンプラットホーム プチ改造 | トップページ | TOKEN BB TK877TBT 組込み »

RIDLEY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MKS Urban Platform/アーバンプラットホーム プチ改造 | トップページ | TOKEN BB TK877TBT 組込み »