2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

日本ブログ村に参加中です。 ポチって応援して下さい。

カテゴリー

楽天市場

  • 楽天市場
無料ブログはココログ

« ACRZ フラットペダル | トップページ | RIDLEY ORION リペイントへの道 »

2019年8月11日 (日)

TIOGA クイックレリーズ チタンシャフト化

KactusのTi QRを戻したBRUNOですが・・・・もう色あせしちゃってるよ!!

Dsc_6256 Dsc_6260

フロントはまだ大丈夫そうですが、リアは日焼けしてなかなか。

よ、弱い!弱すぎる!!

いかに夏の日差しとは言え、わずか2週間程度でこれです。

前に使っていたTIOGA QRは全然色あせしなかったので、そちらに戻しましょうか・・・せっかくのTiシャフトなのに。

お、シャフトだけTIOGAに移植しちゃいましょう。

TIOGA(タイオガ) CNCクイックレリーズセット 2点セット リアエンド幅 130mm シルバー

新品価格
¥2,332から
(2019/8/11 18:51時点)

手元にあるのはこれのレッド 135mm。

Dsc_6253 Dsc_6282

TIOGAのQR、レバー付け根のイモネジをアーレンキーで緩めます。

Dsc_6283 Dsc_6285

シャフトは5mmのナットでダブルナットにしてシャフトを回して取り外し。

Dsc_6287 Dsc_6289

Kactusの方も分解の要領は同じ。アーレンキーのサイズだけ違うけれど。

双方の全バラが終わりました。

Dsc_6292 Dsc_6293

TIOGAのシャフトは38g。SUS製かな?

KactusのTiシャフトは21g。

17g程軽くなることになります。

Dsc_6295Dsc_6297

レバー部分他一式はTIOGAが32g、Kactus30g。

Dsc_6300 Dsc_6302

TIOGAのレバーにTiシャフトを組み付け。分解の逆でダブルナットを使ってねじ込みます。

最後はイモネジを締めて完了。

Dsc_6312 Dsc_6308

交換後は54g。予定通りKactusより2g増です。

締め付けもOK。

TIOGAのラインナップにはありませんが、Tiシャフト仕様の出来上がりです。

          ↓よろしかったらポチッって下さい。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

 

 

« ACRZ フラットペダル | トップページ | RIDLEY ORION リペイントへの道 »

BRUNO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ACRZ フラットペダル | トップページ | RIDLEY ORION リペイントへの道 »