2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Selle Italia SLR 補修 | トップページ | Campagnolo CHORUS Ergopower EP7-CHXC 補修 »

2019年6月 9日 (日)

STIの取り付け位置

組み上げたRIDLEYですが、やっぱりハンドルが遠い。

いや、正確にはレバーまでが遠い・・・。

と、ランドナーの隣で弄っていて気がつきました。

Dsc_5229 

STIの取り付け位置がおかしいんじゃないの??

道理でDHバーでもないのに、そんなポジションになる訳です。

STIのレバー上面が水平になるように取り付けるもんだと、なぜか思い込んでいましたが、どうもそうではないようです。

ハンドルのRの付いているところならどこでも良い・・・ならもっと上でも良いですね。

Dsc_5264

バーテープをバリバリ剥がして、STIの位置を調整。

バーのRの付いている上端付近で落ち着きました。

まぁ、最近のバーはリーチが小さいのが多いなぁと思っていたので、それとも関係があるのかな?

Dsc_5266

茶色のバーテープも今のところ、う~~んて言った色のマッチングだったので、あえて白で巻きなおし。

いや、決してバーテープを巻きなおすためにSTIを弄ったんじゃないっス。

ディズナ ロードバーテープ ホワイト

新品価格
¥1,443から
(2019/6/9 16:10時点)

茶色と同じシリーズ。グリップは相変わらず良好。

ゴルフクラブのグリップの素材らしい。

Dsc_5268

色的にもまとまり感が出てきました。

STIの位置はグッと上に。レバーフードを握っての操作やハンドリングも楽になりました。

Dsc_5297

ランドナーとの再比較。大体同じようなステム~レバーまでの距離です。

それにしてもSTIのレバーは大きいのぉ~~~。

 

 

« Selle Italia SLR 補修 | トップページ | Campagnolo CHORUS Ergopower EP7-CHXC 補修 »

RIDLEY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Selle Italia SLR 補修 | トップページ | Campagnolo CHORUS Ergopower EP7-CHXC 補修 »