2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

日本ブログ村に参加中です。 ポチって応援して下さい。

カテゴリー

楽天市場

  • 楽天市場
無料ブログはココログ

« BRUNO-シールドベアリング BB グリスアップ | トップページ | 秩父---三峰神社---BESV PSA1 »

2018年9月 8日 (土)

シールドBB Shimano BB-UN55 分解 グリスアップ

前回グリスアップしてずいぶん軽くなったBRUNOのBBですが、手元には以前使っていたShimano BB-UN55があります。

重さも、回転も結構重いので今のBBに交換したのですが、こいつもグリスアップすれば軽く回るようになるのかな??  ( ̄○ ̄;)!
使う見込みも今のところないし、オクでも売れなかったので、試しにやってみましょう。  ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

Dsc_2607

まずアダプタの右ワンを抜いて・・・と言うところですが、いきなり抜けません。 ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ
単純に圧入してあるだけでなく、ねじ込み式になっている可能性もあります。
パイプレンチでもあれば、回せるかもしれませんが・・・ありません。
あっても回るかどうか分かりません。
が、そのままでも回転部分にアクセスできそうなので、そのままやってしまいます。 ∑(=゚ω゚=;)

Dsc_2610 Dsc_2612

まずは左から。

真ん中にある樹脂のリングを精密ドライバ(-)でホジホジと・・・・しばらくがんばって抜けました。   Σ(;・∀・)

Dsc_2613_2 Dsc_2617

今度はゴムのダストシールを取り外し。

簡単に抜けて、ベアリングとご対面・・・と思ったらなにやら白いものが見えます。 Σ(;・∀・)

Dsc_2624 Dsc_2628

この白っぽいものは何でしょう??

とさらに精密ドライバでホジホジしていくと、抜け出してきました。 ヽ(´▽`)/

結果的にはベアリングのリテーナ兼ダストシール(?)の樹脂部品のようです。

ようやくベアリングとご対面です。  ( ̄▽ ̄)

Dsc_2618 Dsc_2620

右側も構造は同じです。

右ワンの部分が外れていないので、最初の樹脂リングを外すのにかなり手間取り、リングのフランジ部分も欠けてしまいました。

  (ノд・。)

ゴムのダストシールを外したら、白い樹脂部品をホジホジして取り外します。

Dsc_2630

やっと右側のベアリングとご対面です。

ちょっと普通のシールドベアリングとは違った構造で、ベアリングの反対側には何もありません。 向こうが見えます。 これはシールドベアリングとは呼ばないような気がする。

かつ、この状態でも思ったほど回転は軽くありません・・・・。  ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

Dsc_2636 Dsc_2639

外した白い樹脂パーツは、ベアリングが嵌め合いで嵌るようになっています。

リテーナ代わりですかね?  (;´▽`A``

最初に外した樹脂リングは、右用がフランジ部分で欠けてしまいました。

左用も若干変形・・・・。

最終的に無くても良いかも知れませんが、樹脂パッキンが外れやすくなちっゃうかな? (;´▽`A``

Dsc_2641

とりあえずパーツクリーナで洗浄・・・・。

組み立てましょう。

Dsc_2644 Dsc_2647

左のベアリングは結構元の位置にとどまっていますが、右のベアリングは位置がずれてしまっています。  ( ̄Д ̄;;

Dsc_2650

ここに件の白い樹脂パーツをはめ込みますが、ベアリングの嵌る切り欠きが付いているので、ここにベアリングの位置が合っていないと嵌りません。 Σ( ̄ロ ̄lll)

Dsc_2649

精密ドライバで位置をチョコチョコ合わせてやります。  ( ̄▽ ̄)

素直に動く玉と、動かない玉が混在・・・こんな精度なのかな?  Σ( ̄ロ ̄lll)

Dsc_2654 Dsc_2652

構造的に流れ出してしまいそうな気もしますが、どれくらい軽くなるかを見たいのでNUTEC NC-100をたっぷり乗せます。 白い樹脂部品にも。

Dsc_2657 Dsc_2659

白い樹脂部品のベアリング用の切り欠きと、ベアリングの位置を合わせて合体。

樹脂部品には-の窪みが付いているので、そこを精密ドライバ2本で押さえてベアリングをはめ込み。  押し込むのと反対側を押さえておくと、うまくいきました。  ( ̄▽ ̄)

ちゃんと回っています・・・・でも思ったほど軽くない・・・・  Σ(゚□゚(゚□゚*)

Dsc_2660 Dsc_2664

次にゴムパッキン。 平らな方が内側で、圧入。

その後樹脂リングを精密ドライバを使って押し込み。

樹脂リングがあると回転が重くなるかな?と思いましたが、付けてもあまり変わらなかったのでそのまま。   Σ( ̄ロ ̄lll)

Dsc_2667 Dsc_2671

左も同じように白い樹脂部品を組み付け。

Dsc_2672 Dsc_2676

ゴムパッキンを押し込んで・・・・

Dsc_2678

樹脂リングを押し込んで、組み立て。

Dsc_2680 Dsc_2682

余分なグリスをふき取ったら、組み立て完了。・・・・・ \(;゚∇゚)/

思ったより回転は重め・・・・ ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

Dsc_2684

ばらした時に、ベアリングの動きがあまりスムーズではなかったのは、横方向のベアリング位置が調整されていなかったせいかな?

と、思ってプラハンでシャフトを左右からコンコンと叩いて調整・・・のつもり。

組み立て直後より気持ち軽くなった?ような気もしなくも無いけれど、総じて回転は重めのまま。(;´▽`A``

分解前とはあまり変わらないように思えます。 (;´▽`A``

総じると、

ダストシールはかなり厳重

ベアリングはあまり回転が軽くない

この両方の点から回転は重めのままって感じでしょうか。(ノд・。)

水没しても大丈夫(?)と思わせるようなシーリングですが、やはりどちらかと言えば、そういった用途向けのようですね。

ε-( ̄ヘ ̄)┌

shimano(シマノ) ボトムブラケット BB-UN55 BBセット 68-122.5mm

新品価格
¥2,039から
(2018/9/8 16:08時点)


BB-UN55 シマノ ボトムブラケット(四角穴タイプ) 自転車 bebike

価格:2,106円
(2018/9/8 16:09時点)
感想(19件)

« BRUNO-シールドベアリング BB グリスアップ | トップページ | 秩父---三峰神社---BESV PSA1 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シールドBB Shimano BB-UN55 分解 グリスアップ:

« BRUNO-シールドベアリング BB グリスアップ | トップページ | 秩父---三峰神社---BESV PSA1 »