2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« MTB? Vブレーキシュー取り付けボルト・ナット チタン化 | トップページ | BRUNO- Schwalbe One 23-406 (406x0.9) »

2018年6月17日 (日)

BRUNO-NOVATEC シールドベアリング NUTEC NC-100 グリスアップ

久々にBRUNOです。

ここしばらく700Cで走っていたのですが、BRUNOに乗ると何だか進まない・・・・。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

700Cだとグッと前に出るようなのに、BRUNOだと前から押し戻されているような感覚が。

406ホイールの宿命でしょうかねえ。Σ( ̄ロ ̄lll)

NOVATECハブの回転も気になっていたところなので、とあるHPで評判のNUTEC NC-100を試してみましょうか。
Dsc_1638
それなりのお値段ですが、FINISH LINEのセラミックグリスが60gで1000円ちょっとすることを考えれば、そんなモンかな? 量は200gと多いですから。( ̄Д ̄;;
触った感じは、FINISH LINEのセラミックグリスよりちょっと柔らかい位。少し期待。
Dsc_1642 Dsc_1643

 

 

律速になっていると思われるフリーの部分に適当に塗って組み付け。

60km/hからのリアの空転時間で確認してみると・・・67秒だったのが50秒に・・・。

グリスの量を調整してもあまり変化無し。

なじみが出ないとダメなのかな?            ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ
まぁグリスは一杯あるし、前後ハブのグリス入れ替えでもやってみましょうか。Σ( ̄ロ ̄lll)
Dsc_1653 Dsc_1658
まずはリアハブから。 NOVATEC F482SB-SL です。
5mmのアーレンキー2本でロックナットを片方外したら、外れた方に10mmのアーレンキーを突っ込んで反対側のロックナットを外し、フリーと反対側のスペーサを取り外し。
Dsc_1655 Dsc_1660
フリーのラチェットのところに入っている円筒状のスペーサを取り外し。
Dsc_1662 Dsc_1664_20230416164101
ここまで来たら、プラハンでシャフトを叩いて反対側のベアリングを取り外し。
コツコツと叩くより、男は度胸。一気にガツンと行った方がいいみたいです。
でもまぁ力加減は程ほどに。   Σ(;・∀・)
Dsc_1666
シャフトだけもう一度入れて、同じようにして反対側のベアリングも抜きます。

ちなみにF482SB-SLに入っているシールドベアリングは#6802と#15 26 7が1個ずつ。

フリー本体にも入っているはずだけれど、そちらは調べてない。( ̄Д ̄;;
#6802
内輪径15外輪径24幅5
#15 26 7
内輪径15外輪径26幅7
どちらも規格品のようなので、壊れたらそれだけ交換すれば・・・・。(;´Д`A ```
フロントハブはNOVATEC A291SB-SL。
Dsc_1673 Dsc_1670
こいつのシャフト両端はネジではなくて、はめ込みになっているだけなので、手で引っ張れば外れます。
Dsc_1677_20230416164201
リアと同じようにしてフロントも分解。

A291SB-SLのベアリングは#689が2個。689ZZと言うのが規格品かな?

#689
689ZZ
内輪径9外輪径17幅5
Dsc_1680 Dsc_1682
まずはパーツクリーナで洗浄。
Dsc_1692_20230416164301 Dsc_1694_20230416164301
ベアリングのシールを取り外します。
まずは一番大きい#15 26 7から。
専用?工具もあるようですが、手元には無いので精密ドライバのマイナスでゴリゴリと。
( ̄Д ̄;;
Dsc_1697
シールは薄い鉄板の上にゴムをコートしてあって、ゴムの部分でケースに引っかかるような形でした。
#15 26 7はちょっとグリスが残っていないようにも見えます。
フリーのラチェット側なので、WD-40で流れ出しちゃったかな?Σ( ̄ロ ̄lll)
Dsc_1698 Dsc_1701
リア左の#6802とフロントの#689。
まあ、グリスは鬼のように入れる必要はないってことですね。
Dsc_1706 Dsc_1708
再びパーツクリーナで洗浄。
ちなみにこの状態ならベアリングはクルクルクルクル回ります。
と言ってグリス無しって訳には行かないんですが。(;´▽`A``
Dsc_1719_20230416164501 Dsc_1716_20230416164501
#15 26 7と#6802のNUTEC HC-100をベアリングに丁度回るくらい塗布。
これでも塗布前に比べると回転がだるくなるんですが。
Dsc_1720
#689はこんな感じで。
後はフタをして完了。変形したフタは平らに修正しておきます。
Dsc_1723
一式準備完了。
後はベアリングを圧入して組み立てるだけなんだが・・・・(;´Д`A ```
Dsc_1726
まずはリアラチェット側の#15 26 7から。
圧入するハブ側にもグリスを塗布しておきます。
Dsc_1748 Dsc_1750
ソケットレンチのソケットをアダプタにして、プラハンでガツンと打ち込み。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
色々試してみましたが、これが一番?確実に嵌ってくれました。
まあ、専用工具を使うのが本当は一番ですが。
Dsc_1752 Dsc_1754_20230416164801
反対側からシャフトを通して、#6802をセット。
Dsc_1757 Dsc_1760
再びソケットレンチのソケットをかぶせてプラハンでガツン。
無事嵌りました。
真っ直ぐ入っていると思いますが、シャフトの回転を見ながら少しだけコンコンと調整・・したつもり・・・変わってないような気がする。Σ( ̄ロ ̄lll)
Dsc_1762
後は、分解と逆の手順で組み立て。
Dsc_1737Dsc_1738_20230416165101
フロントは・・・最初の1個はベアリングをセットして、そのままダイレクトにプラハンで打ち込み。
Dsc_1740_20230416165101 Dsc_1743
反対側はシャフトを入れてベアリングをセットして、ソケットレンチのソケットをアダプタにして再度打ち込み。
Dsc_1746
最後は両側のキャップをかぶせて完了。
ふぅ~~~。
前後ハブのグリスの交換が終わりました。
かなり荒っぽい力技でしたが。  ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
さて、変わったかな~~~~~~。
60km/hからのリアホイール空転時間は・・・52秒!!  ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ
凄い悪化です。
組み立て方が悪かったのか、グリスがなじんでないのか??
とりあえず30kmほど走行後・・・今度は62秒。
多少はなじんだのかな?でも最初の67秒にはまだ届かず。
も少し走り込んでなじませる必要があるのかも。
う~~ん。まあグリス交換だけですぐ改善って言うのはやっぱり虫が良すぎるのかな?
もう少し走って様子見を見ましょう。   ε-( ̄ヘ ̄)┌

にほんブログ村 自転車ブログへ

ニューテック NC-100 ハイパーMPグリス(ちょう度 2号) 多目的グリース 200gチューブ-NUTEC-

 

価格:4,536円
(2018/8/14 10:43時点)
感想(0件)

« MTB? Vブレーキシュー取り付けボルト・ナット チタン化 | トップページ | BRUNO- Schwalbe One 23-406 (406x0.9) »

BRUNO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BRUNO-NOVATEC シールドベアリング NUTEC NC-100 グリスアップ:

« MTB? Vブレーキシュー取り付けボルト・ナット チタン化 | トップページ | BRUNO- Schwalbe One 23-406 (406x0.9) »