2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

日本ブログ村に参加中です。 ポチって応援して下さい。

カテゴリー

楽天市場

  • 楽天市場
無料ブログはココログ

« LEDドライバ検討(その3)・・改造LEDドライバ評価 | トップページ | 逆襲のLEDドライバ(その1)・・・電池評価 »

2016年9月19日 (月)

LEDドライバ検討(その4)・・実装用LEDドライバとパーツ加工

LEDドライバーは電気的な配線は終わって動作検証もできましたが、電極等むき出しの状態でそのままではライトケースに入れることができません。

ので、絶縁できるよう加工します。
LEDドライバー部分
いきなりですが、秋葉原で固まる高熱伝導シリコーン(約1W/℃)を使います。
だって、ドライバICが少し熱持ってましたから。
Sn3s0197
引き出した抵抗の接続部分の固定もかねるのでここは念入りに爪楊枝でペタペタと。
Sn3s0198
全体に塗り終わったら30分ほど硬化させて・・・・・
Sn3s0200
ドライバーIC(SOTパッケージ)の上のシリコーンを一旦取り除き、真鍮の板で作った放熱板を高熱伝導シリコーン樹脂を使ってさらに接着します。
本当は銅版の方がいいんですけどね。 前に使った真鍮板の残材利用です。
Sn3s0201
シリコーン樹脂が固まったら、熱収縮チューブをかぶせて、ドライヤーであぶって・・・・
Sn3s0205
最後に放熱板を曲げて添えたらパッケージ完了。
放熱板が電解コンデンサを包み込んでしまいました。
これは悪い見本かもしれません・・・逆にするんだったと思っても後の祭り。
SOTの発熱も大したことないし、何とかなるべぇ。
ちなみにこの放熱板は電気的には浮いていますのでショートのリスクはないと思います。
Sn3s0207
半固定抵抗部分
ここは熱も出ないので、熱収縮チューブでカバーします。
周囲方向へ1重。
Sn3s0203
高さ方向へ1重、そして再度周囲方向へかぶせて完成です。
Sn3s0204
電線を束ねて、LEDドライバーハーネスの仮完成です。
後で電球への配線を加工追加する必要があります。
Sn3s0208
電池ボックス
長々と10440が3本入ることを前提にしていましたが、実は最近まで確実に実装できるめどは立っていませんでした。
単4 3本ケース
評価用にはこれを使用していましたが、当然このままではケースに入りません。
Sn3s0172
単4 2本 + 1本 ケース
実はこれが本命でした。
が、そのままでは充分に入らないので、ケースの余分なところを削り落とすしかないな・・・・と思っていたところ・・・・・
Sn3s0171
単4 3本アダプター
ついに秋葉原の三月兎で見つけました。ヽ(´▽`)/
もともとは単4 3本を束ねて1本の電池に見せかけるアダプターのようですが、これがサイズ的にも機能的にも最適でした。
これがなかったら実は電池が3本乗りませんでした~~~なんてことになってしまう可能性もありましたので救われた気持ちです。
Sn3s0173
左側のポッチの部分は樹脂の部分をプライヤで引っ張ると簡単に抜けます。
左のケースだけを使います。
Sn3s0174
Bスナップの端子をケースの両側に半田付け。
電池ケース側の電極とケーブルの色はここでは逆になります。(電池としての電極の形状を通常の+/-と合わせるためです。)
Sn3s0184
両端の電極をシリコーンコーキング材でカバーして完成。
ちょっと絶縁が怪しいところもあるので、ゴムのカバーがほしいところではあるものの、これは実際にケースに組み込む時にどうするのかを考えることにします。
Sn3s0202
これで一通りの部品がそろいました。
後はケースに組み込むだけ・・・と言うところですが、バッテリーのこともあるので、少しこの状態でバッテリーとかの評価を継続します。

Sunhayato/サンハヤト SCV-22 固まる放熱用シリコン

価格:862円
(2018/8/12 14:03時点)
感想(3件)

.

単4型×3本用電池ホルダー ブラック 電池ボックス・電池ホルダー・電池ケース 電子工作

価格:216円
(2018/8/12 14:05時点)
感想(1件)

.

« LEDドライバ検討(その3)・・改造LEDドライバ評価 | トップページ | 逆襲のLEDドライバ(その1)・・・電池評価 »

ランドナー」カテゴリの記事

Soubitez255 LED化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LEDドライバ検討(その4)・・実装用LEDドライバとパーツ加工:

« LEDドライバ検討(その3)・・改造LEDドライバ評価 | トップページ | 逆襲のLEDドライバ(その1)・・・電池評価 »