2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

日本ブログ村に参加中です。 ポチって応援して下さい。

カテゴリー

楽天市場

  • 楽天市場
無料ブログはココログ

« LEDドライバ検討(その2)・・LEDドライバ改造 | トップページ | LEDドライバ検討(その4)・・実装用LEDドライバとパーツ加工 »

2016年9月19日 (月)

LEDドライバ検討(その3)・・改造LEDドライバ評価

改造したLEDドライバーと改造したCOB LEDでデータを取得しました。

電池は10440(1000mAh)x3本 直列です。
High_low

多少調整しろはあるものの、

Highモードで 3W  45分
Lowモードで 1.6W 1時間16分。
まあほぼ予定に近いところのデータとなりました。
消費した電力は、電池表記の22%程度。
これがもっと効率よくなればもっと持つはずなんですけどね。
改造していないCOB LEDとの比較です。
Normal_cob

明るさは同じくらいでしたが、WfがCOB LEDの方が高いです。結果的にライフが短くなりました。

電流値If大体同じくらい、Vf高めと言った内訳でした。
LEDが違った場合は電流値(If)が明るさに関係するのかな??
まあ、改造していないCOB LEDではライフが短くなるけれど一応使えると言うことで。
通常リチウムイオン電池だと18650とかのサイズが一般的なようです。
もちろんこんなサイズはライトケースには入りません。
外付けにするしかないです。
が、16340(CR123Aサイズ)なら何とかなるかな?と欲を出して16340(1200mAh)を入手しました。
Sn3s0194

16340(1200mAh) X3本でデータを取得・・・。

High_163403

・・・・Highモードで2時間弱持ちます・・・・私にはLowモードは不要な位充分なライフです。

しかも電池容量の56%までの電力が使用されていますので、この効果が大きそうです。

が、当然16340 3本はライトケースに入りません。分かりきっていたことですが・・・・。
では2本なら動くかな?
もともとは2本(7.4V)ではLEDドライバーがちゃんと動作しませんでしたが、ドライバーのブリッジダイオードを取り除いた効果が出れば・・・に期待してデータ取得です。
High_16340x2

ダ、ダメです。

時間の経過とともにWfが下がってきています。と言うことはLEDドライバーがちゃんと動いていないってことですね。
ならば、DC-DCコンバータで昇圧してやれば何とかなるかも・・・・。
電池とLEDドライバの間にDCDCコンバータをつなぎ込んで、12.0Vに昇圧。
Sn3s0195

このデータは10440 2本で取りました。

High_10440x2vup

はい。ちゃんとLEDドライバは機能しています。

が、ライフが約半分に低下。
電池の総電力が2/3になっていますので、2/3のライフになるのは予測できますが、この差はDCDCコンバータの電力消費の影響でしょうか。
16340 2本に当てはめるとHighモードで約1時間のライフと言うところでしょう。
DCDCコンバータを詰め込んで、さらに16340 2本を乗せるのは容易ではありません。
労力に見合わないので、この方向はあきらめます。
基本的に電池容量でライフは決まると思っていましたが、実際にどの程度まで放電するかが電池側の問題のようです。
それか、電池の容量が表記どおりでない??
この辺は電池容量を測定できる充電器でも入手しないと分からないですね。
今後の課題ってことで。
グダグダ言っていても仕方がないので、とりあえずLEDドライバと10440 3本でライトケースに入れられるよう組み立てることにします。

【メール便220円】 正規品UltraFire 保護回路無し XSL18350 1200mAhリチウムイオン充電池

 

価格:468円
(2018/8/12 13:55時点)
感想(4件)

« LEDドライバ検討(その2)・・LEDドライバ改造 | トップページ | LEDドライバ検討(その4)・・実装用LEDドライバとパーツ加工 »

ランドナー」カテゴリの記事

Soubitez255 LED化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LEDドライバ検討(その3)・・改造LEDドライバ評価:

« LEDドライバ検討(その2)・・LEDドライバ改造 | トップページ | LEDドライバ検討(その4)・・実装用LEDドライバとパーツ加工 »