2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

日本ブログ村に参加中です。 ポチって応援して下さい。

カテゴリー

楽天市場

  • 楽天市場
無料ブログはココログ

« Soubitez No.255 LED化(その後) | トップページ | LEDドライバ検討(その1)・・そしてCOB LED魔改造 »

2016年9月11日 (日)

自転車ダイナモ用 COB LED豆電球 分解

Soubitez No255のLED化で壊してしまった自転車いダイナモ用 COB LED豆電球でしたが、原因がはっきりしないものの、再度購入。

大した電気的なテストもせずに入れてしまったことを反省。
とりあえず短時間ながらの再現実験を・・・。
電源 富士通006P(9V) 実測 9.64V
これを直結してみます。
7.3V/1.04Aでした。 定格800mAのバルブなのでこれだけでもOUTですね。
電力7W相当・・・明るかったはずです。
電源周りは何か考える必要があります。
ところで、前回壊してしまった、このバルブ、ばらしてみました。
Sn3s0145_20210920165301

カッターでシリコーン樹脂の部分をさくさく・・・ん?電極の部分はポロッと外れました。

Sn3s0148

LED両端に見える電極に導通してみると・・・光りました。

COB LED本体は生きています。
もしかしたら、前回壊したのはハンドリングのせいで、LED基板上の導線接合部をはずしてしまったからかな?
と言うことは半田付けで直ったかもしれませんが、もうこうしてしまった以上元には戻せません。
Sn3s0150

代わりに錫めっき線を半田でくっつけてみました。

Sn3s0149 Sn3s0151

 

何とかくっついていて、導通も取れ光りました。

なんだか、ソケットつきの豆電球にとして導通した時より明るいみたいです。
が、これを実際に使えるように組みあげるのは至難の業です・・・素直にあきらめました。

 

ソケットの中側です。
整流用ダイオード(1N4007)が4つ。
これで交流を整流して直流をCOBに流しているようです。
Sn3s0152

あれ?抵抗が入っていない???

ダイオードが抵抗を兼ねてるのかな?と思ってテスターを当てても分かりません。
9.1Ωの抵抗とこのダイオードを直列につないで、7.5Vを通電して電圧から計算・・・1個1.2Ωの抵抗値くらいらしいです。
ってことは通常の導通状態であれば1.2x2=2.4Ωの抵抗が入っていると言うイメージでしょうか。

 

それにしてもCOB LEDの組み立ては手作業のようです。
その技術に頭が下がります・・・・。

 

こういったところも考えながら、電源をどうするかを検討することにします。

 

« Soubitez No.255 LED化(その後) | トップページ | LEDドライバ検討(その1)・・そしてCOB LED魔改造 »

ランドナー」カテゴリの記事

Soubitez255 LED化」カテゴリの記事

コメント

リターンライダーさん
こんにちは

回答ありがとうございます。

> が、最終的にはCOB内部の回路を部分断線させてしまったものが
回路を断線させる原因は2種類ありまして、1つはお試し頂いた過電流、もう1つは圧力です。
具体的には、COBモジュールの蛍光シリコン部を強くグリグリすると、切れます。

> Duke.Tさんの製作意図とは異なるかもしれませんが、こういった検討もあるものかと
工作は自由ですから、ドンドン試してみてください!

「こういうのが欲しい!」とかのアイデアが、御座いましたら次回製品にフィードバックさせて頂きますので教えてくださいね。
宜しくお願い致します。

Duke.Tさん
製作者からのコメント恐縮です。
COBのと結線の接点がやられているのは了解です。
製作者の方には申し訳ないのですが、色々いじくり返しています。
実はその後フラックスを変更して半田付け修復できることを発見(?)して、何度か修復できたものもあります。
が、最終的にはCOB内部の回路を部分断線させてしまったものが2~3個転がっています。
電流値の方、500mA程度での運用の件了解です。実は色々試している中で、定電流回路DC8V/0.68Aで10分で断線して連続運用は500mA程度とちょうど見繕ったところでした。(このLEDは復旧済みです。)
単品販売はなしとのことも了解です。
が、実は分解してブッリッジダイオードなしのCOB LEDをちょうど作成してしまったところです。
データを取ってみたところ、自分のイメージするとことに近づいたような感じです。
Duke.Tさんの製作意図とは異なるかもしれませんが、こういった検討もあるものかとご笑納いただければ幸いです。
尚、すべての検討はすべて私の自己責任によるものであり、今後他のLEDとの比較が出てきたとしても、極力客観的に見た結果(知識の不足はありますが)としてご了承願えれば幸いです。
コメントの方、ありがとうございました。

こんばんちは!
COB豆電球製作者のDuke.Tです!

この度は、お買い上げありがとうございました。
もう、分解されてしまったので修理はきかないです。
ダイナモで発電される電流値>COBモジュールの最大電流値となる様に、製作しております。

当初の9V電池搭載の場合、800mAを超える電流値がCOBモジュールの最大電流値を超えたため、発熱しハンダが融解、点灯不良となったと推測されます。
DC9Vでも電流値を800mA以内(発光は500mA位から)に抑えて頂ければ、発熱も抑えられます。

なお、当COBモジュールはオーダーメイド品なので、単品では販売しておりません。
あらかじめ、ご了承ください!
宜しくお願い致します!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車ダイナモ用 COB LED豆電球 分解:

« Soubitez No.255 LED化(その後) | トップページ | LEDドライバ検討(その1)・・そしてCOB LED魔改造 »